三途の川からUターン!マジで効く食後血糖値対策サプリ5選!

なぜ血糖値を下げるために運動は必要なの?運動の10の効果

 

糖尿病や糖尿病予備軍の人が血糖値を下げるためには、食事療法に加えて運動療法を車の両輪として位置付けなければならないことは、病院で言われますが、そもそも、「どうして運動しなきゃいけないの?」と言う疑問に正確に答えらえる人は多くはないです。

 

そもそも人間の体は本来、活動したりすることを前提として成り立っていますので、運動抜きにして健康の維持はありえないと言っても過言ではないのです。

 

運動の最大の効用は、もちろん血糖値を下げることです。そのメカニズム極めて単純で、C5000A">運動をすると血液中のブドウ糖(血糖)がインスリンの手助けがなくても筋肉細胞に取り込まれてエネルギーとして利用されるのです。

 

血液中に溢れたブドウ糖がインスリンの力を借りずに運動によって細胞内に取り込まれるのですから、血糖値を下げたい人にとってこんなに嬉しい事はありません。事実、それだけインスリンの節約になり、体の機能維持に非常に効果的です。

 

また、糖尿病でも糖尿病予備軍でも血管がボロボロになりますが、運動は高血糖とは別に血管を傷める血液中の脂肪、LDLコレステロールの量を減少させ、血栓をできにくくして動脈硬化などを防いでくれます。

 

肝心の運動をするタイミングですが、アメリカ糖尿病学会(ADA)の公式テキストには、「炭水化物は摂取後15分以内に血糖値を上げ、1時間以内に100%がブドウ糖に変化して吸収される。たんぱく質や脂肪は全く血糖値を上げない」と書かれています。つまり、炭水化物摂取後15分以内に運動を始めるのが最適です。逆に1時間以上経ってから運動してもあまり意味はなくなってしまいます。

 

運動には以上のような効果を含め、まとめると次のような10の効果があります。糖尿病や糖尿病予備軍と言われた人はもちろん、ダイエット、日常の健康維持のためにも、運動を生活の中に取り入れたいものです。

 

■運動の10の効果■
①ブドウ糖を筋肉細胞に取り込み、血糖値を下げる。
②インスリンを節約する。
③体内の脂肪を燃やして肥満を防ぐ。
④HDLコレステロールを増やし、LDLコレステロールを減少させて動脈硬化を防ぐ。
⑤心肺機能を向上させ、体を元気にする。
⑥筋肉を鍛え、体力を向上させる。
⑦骨を丈夫にし、骨粗鬆症を防ぐ。
⑧全身を刺激し、自律神経の働きを活発にする。
⑨大脳を刺激し、認知症を防ぐ。
⑩気分転換になり、ストレスを解消する。

 

交通手段の発達やデスクワーク化などで、日常的に体を動かす機会が減った現代人こそ、運動の大切さを認識する必要があります。